ランチタイムはパスタで決まり

ランチタイムはパスタで決まり

赤坂サカス前にあった生パスタバカのお店パストディオの魅力は、生パスタが美味しいという大前提があったうえで、他にもお店が愛される理由がありました。まず味が美味しいことが絶対条件であることに加えて、多くのお客さんを魅了したのはランチタイムが17:00までというランチ設定時間にもあります。多くのお店がランチタイムを11:30~13:30というような時間設定にしているのは、多くでランチタイムが長めのお店でも、ランチタイムが14:00オーダーストップというのが一般的です。

一般的なお店のランチタイムよりも、かなり長い時間のランチタイムを設定していたことも生パスタバカのパストディオが、大勢のお客さんから支持された理由のひとつといえるでしょう。

ランチタイムは混雑必須

12時~13時までが一般的な休憩時間になっています。会社によっては交代でランチをとって、12時~休憩をとる人もいれば13時~休憩を取る人もいるというように一斉に休憩をとらない会社もあります。クリニックといった病院系は、かなり長時間の休みになりますがクリニックによっても異なりますが、中にはしっかり20分ぐらいしっかり眠っている人もいたりと、休憩時間の過ごし方は人それぞれです。

シフト制の勤務スタイルで、早番や遅番の勤務スタイルや夜勤もシフトに組み込まれている人なら、12時~の休憩なんてほとんど取れない。という人もいます。12時から食事休憩をとる人からすると、何が何でも座れる席を確保することが大事になります。特に一斉に大きなビルの場合は、エレベーターの待ち時間も貴重になってくるので人気店になればなるほど、ランチには行きたいけど席が確保できなかったら諦めるという潔さも必須になります。

13時~休憩を取れる人のほうが、席を確保できるのは12時~休憩の人よりも断然有利にはなりますが、「限定○△食メニュー」などはまず食べれないだろうな。とあらかじめ覚悟しておく必要がありますね。12時~の人でまずほとんど限定食で終わってしまっているので、限定食を目指すなら12時~の休憩もしくはフライング気味で11:55ぐらいには目当てのお店に駆け込むぐらいの気合が必要になります。

だいたいランチタイムは「ランチ」というぐらいなので、長が目にランチをしているお店でもだいたいが14時ぐらいまでのオーダーまでで終了してしまうのが、ランチタイムです。ところがパストディオのランチタイムは17時というのが、一般的なランチタイムに休憩を取れない人たちを喜ばせてくれました。まず12時のランチにいけないだけに、ランチタイムの設定時間が長いのが嬉しいというファンの声、よーーくわかります。

ランチタイムで嬉しいのは、ランチタイムはお得なプライス設定が当たり前です。ディナータイムよりもランチタイムの方が、食後のコーヒーなどのドリンク&デザート付きになっていてお値段はとってもお得です。同じ内容をディナータイムに食べるとしたら、最低でも500円アップは当たり前で中には軽く1000円ぐらいアップするところもあるぐらいです。お店側はランチタイムに気軽に、是非お店に足を運んでもらって、味を確かめて欲しいというお店のアピール部分もあって、ランチタイムはほとんどのお店でかなりお得になっています。

デザートやドリンクも付いている「ランチ限定」のお得なメニューだから、その代わりに時間は限定だよん。というお店がほとんどですが、パストディオは生パスタのこだわりもすごいけれど、ランチタイムの設定時間も長かった。営業時間は11:30~23:30という12時間営業で、そのうち11:30~17:00までをランチタイム営業という設定にしていたので、「久々のランチを食べられたよ~!」と喜んだお客さんも大勢いました。よって15時から休憩の人でも「ランチメニュー」を楽しむことができた、かなりありがたい存在でもあったのであります。