生パスタの魅力とは?!

生パスタの魅力とは?!

乾燥パスタがほとんどの中で、生パスタという新しい美味しさを発見させてくれた赤坂サカス前のお店、赤坂パストディオの登場で、一気に生パスタブームに火がつきました。どれだけブームになったのかというと、某ファミレスでも生パスタを打ち出したりしたことからも、生パスタの味を一度しればすっかりその生の味の美味しさに目覚めてしまいます。

いろいろなお店が生パスタを打ち出した中でも、パストディオの提供している生パスタはパスタの本場でもありパスタの元祖でもあるイタリア法律基準を遵守したという点が大きいでしょうね。きちんとご当地の法律基準を満たしていて、かつ斬新なソースと生パスタとのコラボで生パスタの美味しさを知り、乾燥パスタとは違う食感に出会いました。

もっちもちが美味しい

生麺の魅力は、打ちたての小麦の風味を楽しめるということにありますね。そして噛んだ時の歯ごたえも、これまた生麺だからこその魅力なんですね。そしてプリプリッとした食感も、五感を十分に刺激してくれます。ソースだけじゃないよ、パスタそのものも味わないともったいないのが、生パスタであります。

ソースとの絡みがよくなるのも、生パスタならではですね。ソースといかにからみつくのか?!パスタの種類はそれはそれは豊富な種類ですが、それもパスタの本場イタリアで長年伝えられてきました。なんでもパスタの本場のイタリアでは、それぞれ地方ごとのオリジナルのパスタまで含めると、パスタの種類はなんと驚きの650種類もあるとか?!日本の麺類の比じゃないぐらいの、種類の豊富さに目が丸くなってしまいます。

そんなに多いパスタの種類あってどーすんのよ?!といっても、それはもちろん紀元前の時代から続いているだけに、長い長いながーーーーーーい歴史があればこその豊富な種類に加えて、日本と同じく地域ごとの伝統パスタに伝統のソースで一緒に頂くのでしょう。

イタリアでももちろん、生パスタは食べられていますし気になるお値段は・・・というと、乾燥パスタよりも生パスタのほうが高い。となっています。そして日本の手打ちうどん専門店があるように、手打ちパスタの専門店もあってイタリアのスーパーマーケットでも、生パスタは販売されているので日本人の「生麺」と同じような感じですね。

サカスの前にあった「赤坂パストディオ」も、生パスタにバカが付くほどの生パスタには並々ならぬこだわりのお店なので、もちろん自家製麺での生パスタであり、そして生パスタの種類もとても豊富で、77種類以上の生パスタが食べれるお店ということで生パスタを気楽にそしていろんな種類が食べれると、日本での生パスタブームを引っ張ってきました。

かつてはパスタといえば、ナポリタンとう名前でケチャップとスパゲティを炒めたものしかなかった日本でのパスタ事情から、イタリアンブームがあってパスタ麺にもいろいろな種類があることを知って、次に何がくるのか????と思っていたら、【生パスタ】が登場しました。

もちろん「生パスタバカ」を名乗るのであれば、徹底的にパスタにこだわりをもたなくてはいけませんよね。生パスタにバカがつくほどにこだわって、こだわってこだわりぬいているのですからね。そしてパストディオはこだわりまくりの「生パスタ」でございました。安全な品質に安全な素材んびこだわるのはもちろんなので、生パスタの素材に私用するのは遺伝子組み換えをしていないデュラセモリナ粉を使って、塩はミネラルがたっぷりの厳選した塩。そしてどんなお水を使うのかというと、パスタの本場はもちろんイタリアと同じく硬水を使うのか?と思えば、そうではなくて、原材料のデュラセモリナ粉とミネラル豊富な塩との相性をいろいろ試行錯誤して試した結果は「軟水」だったので相性の良い軟水を使って、生パスタバカの生パスタが出来上がりました。

原材料のデュラムサモリナ粉に天然の塩、そしてミネラル水(軟水)をしっかりとよく混ぜ合わせることで、粘り気のグルテンが出ます。そうしたら1日しっかりと熟成させます。1日置いて熟成させてから麺を製麺しますが、製麺したパスタ麺はそこからまた熟成します。一番生パスタが美味しい状態で食べれるように、製麺したパスタのベストな状態を見極めて提供されますが、天気やその時の温度など湿度や気温で、生パスタは影響を受けるので麺を作る段階から、注意深く配合された原料で納得のできる仕上がりになる生パスタ麺です。

パスタディオの生パスタ麺は、とにかくパスタソースとの絡みもすごい絡みでソースと生パスタの融合がスムースに行われますが、パスタの絡みがいいのにもこれまた工夫がなされています。その工夫とは、生パスタ麺の表面がツルツルになっている理由は、テフロンダイスを使っているからなんですね。

パスタを製麺するための、パスタ製造用ダイスに元々あったのはブロンス製のダイスです。ブロンス製のダイスを使って押し出されるパスタは、どうしてもブロンズという素材もあって、押し出されるときに摩擦のために自然に麺に溝が付きます。ところが、テフロン製のダイスには押し出されるときに、摩擦がおきないので表面がツルッツルになるんですね~~ そしてツルツルな表面になっているパスタ麺なので、喉越しがこれまたツルッとしていいのが、テフロン製ダイスならではの特徴になっています。

これだけのこだわりのある、生パスタだからこそ「生パスタバカ」なんですね~~ 生パスタならではの、もっちりとした食感。そしてもっちりでありながらも、ツルッとした喉越しになっているのはすべてのこだわりが融合した結果作られた「生パスタ」だからこそになっています。